小説家を目指す。そんなオタクのエロゲ・ラノベ・アニメ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月10日発売のC3-シーキューブ-XIを読み終わりましたので感想を。

特に買った動機とかはないですねw 今まで全巻買ってるから、としか言えないですw
さて、めでたく念願(私的に)のアニメ化も決まったわけですが……
え……これは大丈夫なの?
今回の敵キャラの言動とか行動とかが色々と問題ありな気が……ネタバレになってしまいますし、面白かったと言えば面白かったので何も言いませんが。

さて、今回は今までをしっかりと読んでない人にはなかなか難しいものだったのではないでしょうか。
理由はわかりやすいのですけどね。前の巻から時間が経ち過ぎですね。前巻のキャラも登場したりしているので覚えていない人は少し読み返してみるのもいいかもしれないです。

構成はいつもどおりよく出来てました。後半はハラハラしっぱなしでしたw

さて、実を言うと最後に泣きました。
何を言ってもネタバレになってしまうので何も言えないのですが……最後はおそらく泣くと思います。絶対とはいえませんが、泣くと思います。

あとは……なんとなくですがやはりフィア中心になってきていますね。
視点がこのはだったり錐霞だったりしてそれぞれの心情も描かれていたのですが、やはりどうしてもフィア中心になりますね。
これはフィアEND確定です……?

“貴方達の未来が、貴方達の持っているよりほんの少しだけ素敵なものでありますように。”
↑今回は白穂さんがかっこよかったです……。これは名言ですよっ。


さて、12巻及びにアニメに期待ですっ。


C3‐シーキューブ‐〈11〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ‐〈11〉 (電撃文庫)
(2011/04/08)
水瀬 葉月

商品詳細を見る

↑このフィア、かわいいw
スポンサーサイト

【2011/04/23 17:33】 | ラノベ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。