小説家を目指す。そんなオタクのエロゲ・ラノベ・アニメ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今春からアニメ化するということで赤松中学さんの「緋弾のアリア」の1巻を読ませていただきました。
アニメの方では声優に釘宮さんが居るということで、しかもツンデレキャラということでっ!!
もう期待しかしてないですw

はい、そいでは感想でっす。
結果から先に言うと、とっても面白かったですね。久しぶりに素直に面白いラノベを読んだという気がしました。
えーと、設定では主人公が「とあること」をきっかけに覚醒して、最強になるという私の大好物な厨二モノ。
ヒロインは釘宮さんだからツインテ……ということではなく、アリアの可愛さを思う存分引き立てるためにツインテ+ツンデレ。
ツンデレと言ってもルイズやシャナみたいにやたらとデレにくいわけじゃないんですよ。むしろ結構デレるのでそこがまたいいとこかなとw
アニメで言うならドラクラのローズとゼロ使のルイズの中間ですね。

序盤からいきなり厨二発揮されます。なのでここで引き込まれないなら多分、この先を読んでいくのは難しいと思います。買おうかどうか悩んでいるなら序盤をすこーしだけ立ち読みして、それで面白いと感じたら買えばいいと思います。個人的には厨二設定が発症する「きっかけ」を知って、「ほっほぉw」と思えたらもうどんどん読み続けていいと思いますw

構成はなかなか、またはかなり良かったですね。起承転結がしっかりとしていました。
ギャグ、シリアスがバランス良く配置されてました。

にしても主人公のヒステリアモードの時の口調が良かったw
あの冷めに冷めている主人公があんな口をきくとはw
個人的には白雪さんをもうちょい前に押し出して欲しかったですが……まぁ、それは2巻から始まるのでしょうね。2巻の表紙が白雪さんですしw

てなわけで2巻も先ほど、読了した勢いで買って来ました。またすぐ感想書きますのでよろしくです。

緋弾のアリア (MF文庫J)緋弾のアリア (MF文庫J)
(2008/08)
赤松 中学

商品詳細を見る

アリアがかわいいww
スポンサーサイト

【2011/03/24 19:28】 | ラノベ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。