小説家を目指す。そんなオタクのエロゲ・ラノベ・アニメ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おそらくこれがシリーズ物を全て読んでからの感想としては最後になるはずです。
次からは1冊ごと、1巻ごとに感想を書いていきます。

はい、どうも。krakっす。

今回はGAINAXさんでアニメ製作中、アスラクラインで有名な三雲岳人さんの「ダンタリアンの書架」の感想です。

この本は岐阜でお正月の暇な時に本屋行ってラノベ漁りしていたらたまたま目があった作品です。
6巻の表紙でダリアンがもさもさお菓子?を食べながらこっちを「なんですか?」と言いたげな表情で見ているところにものすごく興奮したというかなんというか……とりあえず激萌えしたものですw
2日後には全巻購入しましたw

とりあえず読んだ感じはなかなかにダークでした。
ダリアンとヒューイのなんだかへっぽこなやり取りの合間合間にグロを挟み込んである感じでした。
私は「藍坂素敵な症候群」や「C3-シーキューブ-」みたいなところどころのグロがある作品が好きなのでこの作品もドツボでしたw

物語は禁断の知識を記した"幻書"を巡る物で、様々な"幻書"を中心に様々な人間ドラマが繰り広げられていきます。
構成は(大体)1話完結型の作品が集結しています。
主人公はヒューイ&ダリアンなのですがその二人が関係ない「断章」、さらにラジエルやフランなど、他の読姫のお話もあり、ワンパターンでないので飽きない作りとなっています。
ダリアンが書架を開くときの言葉が私の厨二の部分をきゅんきゅん刺激するんですww
I ask of thee.Art thou mankind?
この言葉を連呼したいですねw

この作品がアニメ化されるということで、
ネットでは賛否両論ですが私はとっっっっても期待していますっ!
今すぐにでも動き回るダリアンが見たいですっ!!!w

というわけで今回は内容を知らずに一気買いしてもいいくらいにオススメですw
C3や藍坂など若干のグロさが好きな方は今からでも全巻買っちゃいましょうっ!!

ダンタリアンの書架6ダンタリアンの書架6
(2010/11/30)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

スポンサーサイト

【2011/02/20 20:44】 | ラノベ感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。