小説家を目指す。そんなオタクのエロゲ・ラノベ・アニメ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結構前にエロゲソン作業用BGMを聞いていて、「refrain moon」という曲を発見しました。
それ以来、かなり好きな曲となっているのですが……
今回、ついに片恋いの月をプレイさせていただきましたっ!

いつもどおりに感想を書くのでよろしくおねがいします。
ネタバレは極力、しないように頑張ります。
↓へスクロールっ!


























































はい、いらっしゃいませ。
今回は去年、めちゃくちゃ売れた「恋色空模様」と同じすたじお緑茶の「片恋いの月」を攻略しました。
それでは感想、いっきまーすっ!

もう言わなくてもわかるくらいに毎度おなじみ「このゲームを一言で表してみようっ!」のコーナーです。
このゲームを一言で言うなら……
動くっ!動きすぎるよ、このゲームっ!
ですねw(めずらしくシステム面を一言で表しましたw)

ストーリー
序盤はよくある学園モノでした。
可愛い後輩や先輩、幼馴染が居て、親友が居て……いかにもよくある王道な学園ゲーでした。
これは気楽に攻略できちゃいそうだな~♪……なんて甘かったんです。
OPの雰囲気がなんとなくただの学園モノでは無い……そんなことも少し感じていたのですが、中盤からガラリと雰囲気が変わりました。
ルートが6つあるのですが、初めは強制BADでした。BADルートはなんというか……AngelBeats!と涼宮ハルヒの約束、リトバスのさささルートを混ぜ合わせたような話でした。
このルートをやっていて「こんなものなのか……?」なんて少しガッカリ。パッパとクリアして2ルート目に。
油断していた私は2ルート目でやられましたw
BADの終わり方が次のルートへの伏線、およびにメッセージとなっていてやる気にさせられました。
そして2ルート目~4ルート目。終盤から始まるこのルートは全て『時』を巡るお話に。
それぞれのルートは、なんとなく納得のいくようないかないような終わり方をするのですが、
5ルート目、まとめとなるそのルートで全てがまとまることとなる……FAと同じような構成でした。
エロゲー批評空間で「オールクリアに価値あり」というタグが付いていましたが、まさしくその通りだと思います。
1~4ルートはパズルのピース、5ルート目がパズル台でした。
一応、全てが解決する話となっていましたし、なかなか気持ちのいい終わり方をしていたと思います。


キャラ
これはもうすたじお緑茶なのでw
全キャラが可愛かったですwサブキャラも含めて、全てですw
恋色の時も感じたのですが、どうしてこのメーカーさんはこんなにも魅力的なサブを出してくれるのでしょうかw
私的に一番可愛いと思ったのはメインで、サブで彼方さんでした。どうやら私は黒髪+巫女が好きみたいです。
とりあえずここはもう文句なしの満点ですねっ!


音楽
ここももういいですねw
まず私はOPを聴いてこのゲームをやろうと思ったわけですしw
それにEDも神エロゲソンを集めた作業用BGMでよく聴く曲でしたしねw
文句なし、全曲に満点をつけますw


システム
すたじお緑茶クオリティです。キャラが動くし、座るし、抱きついてきます(誇張なしw)
セーブ方法が少しだけ残念でしたが、それを補って余りあるキャラたちの動き、これは素晴らしいw
そしてあんなに動くのに軽いw緑茶さんのシステムクオリティはもう文句のつけようが無いですねw


総合
『時』を巡る物語。よく出来ていたと思います。ドラ○もんみたいな感じがしましたが、気のせいでしょう。
特に部長ルート。この作品の味である『過去見』要素を綺麗に使えていたと思います。
最後も上手くまとまっている上に、「片恋いの月えくすとら」では攻略不可だったヒロインも攻略可能になっている。これはとても素晴らしいですねw
しっかりと伏線を管理して、さらに作品独特の言葉や効果もしっかりと使い込んであるいいゲームでした。
少し無理やりなシナリオ、ということでちょっと点数を引いて、
評価はA+とさせていただきます。
次回のゲームは未定です。それではまたー♪

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
↓へスクロールっ!


























































はい、いらっしゃいませ。
今回は去年、めちゃくちゃ売れた「恋色空模様」と同じすたじお緑茶の「片恋いの月」を攻略しました。
それでは感想、いっきまーすっ!

もう言わなくてもわかるくらいに毎度おなじみ「このゲームを一言で表してみようっ!」のコーナーです。
このゲームを一言で言うなら……
動くっ!動きすぎるよ、このゲームっ!
ですねw(めずらしくシステム面を一言で表しましたw)

ストーリー
序盤はよくある学園モノでした。
可愛い後輩や先輩、幼馴染が居て、親友が居て……いかにもよくある王道な学園ゲーでした。
これは気楽に攻略できちゃいそうだな~♪……なんて甘かったんです。
OPの雰囲気がなんとなくただの学園モノでは無い……そんなことも少し感じていたのですが、中盤からガラリと雰囲気が変わりました。
ルートが6つあるのですが、初めは強制BADでした。BADルートはなんというか……AngelBeats!と涼宮ハルヒの約束、リトバスのさささルートを混ぜ合わせたような話でした。
このルートをやっていて「こんなものなのか……?」なんて少しガッカリ。パッパとクリアして2ルート目に。
油断していた私は2ルート目でやられましたw
BADの終わり方が次のルートへの伏線、およびにメッセージとなっていてやる気にさせられました。
そして2ルート目~4ルート目。終盤から始まるこのルートは全て『時』を巡るお話に。
それぞれのルートは、なんとなく納得のいくようないかないような終わり方をするのですが、
5ルート目、まとめとなるそのルートで全てがまとまることとなる……FAと同じような構成でした。
エロゲー批評空間で「オールクリアに価値あり」というタグが付いていましたが、まさしくその通りだと思います。
1~4ルートはパズルのピース、5ルート目がパズル台でした。
一応、全てが解決する話となっていましたし、なかなか気持ちのいい終わり方をしていたと思います。


キャラ
これはもうすたじお緑茶なのでw
全キャラが可愛かったですwサブキャラも含めて、全てですw
恋色の時も感じたのですが、どうしてこのメーカーさんはこんなにも魅力的なサブを出してくれるのでしょうかw
私的に一番可愛いと思ったのはメインで、サブで彼方さんでした。どうやら私は黒髪+巫女が好きみたいです。
とりあえずここはもう文句なしの満点ですねっ!


音楽
ここももういいですねw
まず私はOPを聴いてこのゲームをやろうと思ったわけですしw
それにEDも神エロゲソンを集めた作業用BGMでよく聴く曲でしたしねw
文句なし、全曲に満点をつけますw


システム
すたじお緑茶クオリティです。キャラが動くし、座るし、抱きついてきます(誇張なしw)
セーブ方法が少しだけ残念でしたが、それを補って余りあるキャラたちの動き、これは素晴らしいw
そしてあんなに動くのに軽いw緑茶さんのシステムクオリティはもう文句のつけようが無いですねw


総合
『時』を巡る物語。よく出来ていたと思います。ドラ○もんみたいな感じがしましたが、気のせいでしょう。
特に部長ルート。この作品の味である『過去見』要素を綺麗に使えていたと思います。
最後も上手くまとまっている上に、「片恋いの月えくすとら」では攻略不可だったヒロインも攻略可能になっている。これはとても素晴らしいですねw
しっかりと伏線を管理して、さらに作品独特の言葉や効果もしっかりと使い込んであるいいゲームでした。
少し無理やりなシナリオ、ということでちょっと点数を引いて、
評価はA+とさせていただきます。
次回のゲームは未定です。それではまたー♪

スポンサーサイト

【2011/02/06 18:58】 | エロゲ攻略・感想。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。