小説家を目指す。そんなオタクのエロゲ・ラノベ・アニメ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先ほど、にゃんこい見てきました。
いや~・・・素晴らしかったですねww
特に水野と双子が可愛かったw

さて、2009年もそろそろ終わり、今やってるアニメもほぼ終わりとなってまいりましたので
2009年のアニメからベスト5を決めたいと思いますっ!

最初に言っておきますが
あくまで私個人で決めたランキングですので
面白いかどうかは保証できかねますw


てなわけで続きからどうぞ!



では始めましょうかww


第5位 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
 主人公:タタラ・フォロンとその契約精霊:コーティカルテの再会・成長を描いた
 学園系戦闘アニメ。
 「神曲(しんきょく)」と呼ばれる音楽を奏で、精霊から力を貸し借りし戦うという普通の戦闘モノではないアニメとなった。
 原作のノベルはアニメになった「クリムゾンシリーズ」のほかにも
 「ブラックシリーズ」「ゴールドシリーズ」など多彩なラインナップがあり人気を呼んでいる。
 ちなみにコーティカルテはキャラ上、ツンデレの設定なのでツンデレ好きの方にはとてもいいアニメとなっているw

 OP:「phosphorus」
   作詞:riya、作曲・編曲:菊地創、歌:eufonius
 ED:「こいのうた」
   作詞・作曲:荒巻修久、編曲:齋藤真也、歌:戸松遥

 放送時期:2009年4月~7月(2クール)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第4位 東京マグニチュード8.0
 2012年7月21日、土曜日。夏休み初日、中学1年生の小野沢未来は、弟の悠貴のお守りとして、一緒に東京のお台場へロボット展を見に来ていた。最近何かとイライラしていた未来は、「こんな世界、こわれちゃえばいいのに。」とインターネットに書き込む。
 その時、マグニチュード8.0の海溝型大地震が発生し、地面が揺れた。レインボーブリッジの崩壊、東京タワーが倒 壊するなど、東京が大きな被害を受けている中、未来と悠貴はお台場で出会ったバイク便ライダー日下部真理の力 を借りて、世田谷の自宅へ帰ろうとする。

 一般的なアニメとは少し違い、地震の恐ろしさなどを表現する効果もある。
 深夜に放映したにもかかわらず初回視聴率は5.8%を超えるというアニメ界ではかなりの偉業を成し遂げた。
 最終回はかなりの感動があった。

OP:「キミノウタ」
作詞 - 西川貴教 / 作曲 - 柴崎浩 / 編曲 - abingdon boys school / 歌 - abingdon boys school
ED:「M/elody」
作詞・作曲 - 辻詩音 / 編曲 - mw / 歌 - 辻詩音

放送時期 2009年7月~10月(3クール)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第3位 けいおん!
 2009年内で一番有名になったアニメだと思います。
 おそらく人気のほどはハルヒ・らきすたに並ぶものだと思います。
 OPとEDにとても人気があり、Mステのランキングでは4位、5位に入りそのまま2~3週間キープするという快挙をなした。
 その後も次々とキャラソンを出してはランキングに入った。
 まさしくけいおん!は生きがいww

 OP:「Cagayake!GIRLS」
    作詞 - 大森祥子、作・編曲 - Tom-H@ck、歌 - 桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)]

 ED:「Don't say "lazy"」
    作詞 - 大森祥子、作曲 - 前澤寛之、編曲 - 小森茂生、歌 - 桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)]

  放送時期 2009年4月~6月(2クール)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第2位 にゃんこい!
 猫アレルギーの高校生・高坂潤平は学校からの帰り道に転がっていた空き缶を蹴飛ばす。ところがその空き缶は運悪く地元で信仰を集めている「猫地蔵さま」(声 - 藤原里)に命中、首がもげてしまう。その日の晩、家で飼っている猫のニャムサスが話す言葉をなぜか理解できることに気が付いた潤平は猫地蔵さまの首がもげてしまったことと関係があるのではないかと思い再び猫地蔵さまの所へ。

そして、潤平は猫地蔵さまを管理している寺の飼い猫・タマから自分の身に起きている異変の原因について知らされる。タマ曰く「猫地蔵さまの怒りに触れた者はやがて猫にされてしまう」とのこと。猫の言葉がわかるようになるのはその前兆であり、この呪いを解くためには100匹の猫に善行を施さなければならなくなる、しかも呪いの事が他人にばれると潤平と知った人に不幸が訪れるという。

こうして、潤平は嫌々ながら猫にされる呪いを解くために100匹の猫に善行を施すことになるのであった。(from wiki)
 ・・とまぁこんなことが書いてあります。
 主人公「が」密かに想いを馳せる少女:水野、主人公「に」密かに想いを馳せる少女たち・・・潤平を巡る恋のバトルが見もの!

 OP:「にゃんだふる!」
      作詞 - 榊原ゆい、作曲 - 須田悦弘、編曲 - 大島こうすけ、歌 - 榊原ゆい
 ED:Strawberry ~甘く切ない涙~」
      作詞 - 沢村竣、作曲・編曲 - 南利一、歌 - 今井麻美

  放送時期 2009年10月~12月(4クール)

第1位 CLANNAD ~AFTER STORY~
 2007年10月~2008年3月の間、放映していた「CLANNAD」のその後を描いた作品で主人公:岡崎 朋也の高校卒業後を描いて いる。
 岡崎が色々な人と出会い、別れ、また出会い・・・絆を知っていく姿が胸を打ちます。

 ちなみに原作である「CLANNAD」は後世に残したいゲームランキングでマリオ・ゼルダに続いて10位に入ったことからやはりシナリオ面での評価は高いと言える。

・・・てかぶっちゃけ俺がランキング作る時点でこうなることは確定でしたけどねww

 OP:『時を刻む唄』
     作詞:麻枝准、作曲:麻枝准、編曲:ANANT-GARDE EYES、歌:Lia
 ED:『TORCH』
     作詞:魁、作曲:折戸伸治、編曲:福士健太郎、歌:Lia

 放送時期 2008年10月~2009年3月


最初にも言いましたがあくまで私の個人的なランキングです。
少しでも参考になればいいかなぁ~・・・と思っています。



 
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
では始めましょうかww


第5位 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
 主人公:タタラ・フォロンとその契約精霊:コーティカルテの再会・成長を描いた
 学園系戦闘アニメ。
 「神曲(しんきょく)」と呼ばれる音楽を奏で、精霊から力を貸し借りし戦うという普通の戦闘モノではないアニメとなった。
 原作のノベルはアニメになった「クリムゾンシリーズ」のほかにも
 「ブラックシリーズ」「ゴールドシリーズ」など多彩なラインナップがあり人気を呼んでいる。
 ちなみにコーティカルテはキャラ上、ツンデレの設定なのでツンデレ好きの方にはとてもいいアニメとなっているw

 OP:「phosphorus」
   作詞:riya、作曲・編曲:菊地創、歌:eufonius
 ED:「こいのうた」
   作詞・作曲:荒巻修久、編曲:齋藤真也、歌:戸松遥

 放送時期:2009年4月~7月(2クール)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第4位 東京マグニチュード8.0
 2012年7月21日、土曜日。夏休み初日、中学1年生の小野沢未来は、弟の悠貴のお守りとして、一緒に東京のお台場へロボット展を見に来ていた。最近何かとイライラしていた未来は、「こんな世界、こわれちゃえばいいのに。」とインターネットに書き込む。
 その時、マグニチュード8.0の海溝型大地震が発生し、地面が揺れた。レインボーブリッジの崩壊、東京タワーが倒 壊するなど、東京が大きな被害を受けている中、未来と悠貴はお台場で出会ったバイク便ライダー日下部真理の力 を借りて、世田谷の自宅へ帰ろうとする。

 一般的なアニメとは少し違い、地震の恐ろしさなどを表現する効果もある。
 深夜に放映したにもかかわらず初回視聴率は5.8%を超えるというアニメ界ではかなりの偉業を成し遂げた。
 最終回はかなりの感動があった。

OP:「キミノウタ」
作詞 - 西川貴教 / 作曲 - 柴崎浩 / 編曲 - abingdon boys school / 歌 - abingdon boys school
ED:「M/elody」
作詞・作曲 - 辻詩音 / 編曲 - mw / 歌 - 辻詩音

放送時期 2009年7月~10月(3クール)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第3位 けいおん!
 2009年内で一番有名になったアニメだと思います。
 おそらく人気のほどはハルヒ・らきすたに並ぶものだと思います。
 OPとEDにとても人気があり、Mステのランキングでは4位、5位に入りそのまま2~3週間キープするという快挙をなした。
 その後も次々とキャラソンを出してはランキングに入った。
 まさしくけいおん!は生きがいww

 OP:「Cagayake!GIRLS」
    作詞 - 大森祥子、作・編曲 - Tom-H@ck、歌 - 桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)]

 ED:「Don't say "lazy"」
    作詞 - 大森祥子、作曲 - 前澤寛之、編曲 - 小森茂生、歌 - 桜高軽音部[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子)]

  放送時期 2009年4月~6月(2クール)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第2位 にゃんこい!
 猫アレルギーの高校生・高坂潤平は学校からの帰り道に転がっていた空き缶を蹴飛ばす。ところがその空き缶は運悪く地元で信仰を集めている「猫地蔵さま」(声 - 藤原里)に命中、首がもげてしまう。その日の晩、家で飼っている猫のニャムサスが話す言葉をなぜか理解できることに気が付いた潤平は猫地蔵さまの首がもげてしまったことと関係があるのではないかと思い再び猫地蔵さまの所へ。

そして、潤平は猫地蔵さまを管理している寺の飼い猫・タマから自分の身に起きている異変の原因について知らされる。タマ曰く「猫地蔵さまの怒りに触れた者はやがて猫にされてしまう」とのこと。猫の言葉がわかるようになるのはその前兆であり、この呪いを解くためには100匹の猫に善行を施さなければならなくなる、しかも呪いの事が他人にばれると潤平と知った人に不幸が訪れるという。

こうして、潤平は嫌々ながら猫にされる呪いを解くために100匹の猫に善行を施すことになるのであった。(from wiki)
 ・・とまぁこんなことが書いてあります。
 主人公「が」密かに想いを馳せる少女:水野、主人公「に」密かに想いを馳せる少女たち・・・潤平を巡る恋のバトルが見もの!

 OP:「にゃんだふる!」
      作詞 - 榊原ゆい、作曲 - 須田悦弘、編曲 - 大島こうすけ、歌 - 榊原ゆい
 ED:Strawberry ~甘く切ない涙~」
      作詞 - 沢村竣、作曲・編曲 - 南利一、歌 - 今井麻美

  放送時期 2009年10月~12月(4クール)

第1位 CLANNAD ~AFTER STORY~
 2007年10月~2008年3月の間、放映していた「CLANNAD」のその後を描いた作品で主人公:岡崎 朋也の高校卒業後を描いて いる。
 岡崎が色々な人と出会い、別れ、また出会い・・・絆を知っていく姿が胸を打ちます。

 ちなみに原作である「CLANNAD」は後世に残したいゲームランキングでマリオ・ゼルダに続いて10位に入ったことからやはりシナリオ面での評価は高いと言える。

・・・てかぶっちゃけ俺がランキング作る時点でこうなることは確定でしたけどねww

 OP:『時を刻む唄』
     作詞:麻枝准、作曲:麻枝准、編曲:ANANT-GARDE EYES、歌:Lia
 ED:『TORCH』
     作詞:魁、作曲:折戸伸治、編曲:福士健太郎、歌:Lia

 放送時期 2008年10月~2009年3月


最初にも言いましたがあくまで私の個人的なランキングです。
少しでも参考になればいいかなぁ~・・・と思っています。



 
スポンサーサイト

【2009/12/18 19:29】 | アニメ
トラックバック(0) |

No title
にちゃえる
CLANNADは最高でしたねwww
花畑のシーンで何回泣いたことか・・・・

2009年は百合アニメが多かった気がします
まりほりやささめきことはギャグアニメでおもしろかったですww

No title
裕也
いやー結構krakさんの趣味が出ているランキングですねw
私は今年のアニメは録画して放置です。
けいおんとみなみけしか見ていない^^;
冬アニメは寂しい感じになりそうですね…


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
CLANNADは最高でしたねwww
花畑のシーンで何回泣いたことか・・・・

2009年は百合アニメが多かった気がします
まりほりやささめきことはギャグアニメでおもしろかったですww
2009/12/18(Fri) 22:11 | URL  | にちゃえる #-[ 編集]
No title
いやー結構krakさんの趣味が出ているランキングですねw
私は今年のアニメは録画して放置です。
けいおんとみなみけしか見ていない^^;
冬アニメは寂しい感じになりそうですね…
2009/12/18(Fri) 22:13 | URL  | 裕也 #4bWz8s1g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。