小説家を目指す。そんなオタクのエロゲ・ラノベ・アニメ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月10日発売の『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』8巻を読み終えたので感想書きます。

7巻の最後で黒猫からの告白を受け、8巻発売の5月まで半年ほど待たされましたねw

さて、そんな8巻の感想です。
なんか八つ裂きにしたという写真も見ましたが、そんな人たちに言いたいです。
ちゃんと最後まで読んだの?
事前に黒猫が大勝利ということを聞いた上で読んでいたのですが、全然そんなことはなかったと思いますよ?
確かに最初は完全に黒猫なんですけど……でも、あれなら7巻の桐乃とあまり大差ないと思います。

すごい良かったと思いますよ。黒猫ひいきをのぞいてもw
主人公の浮かれっぷりが付き合い始めという感じでとてもリアルでしたねw
「いつからおっぱい触ってもいいの?」は吹きましたけどww
感想なので深くはいえませんが……とりあえず前半は黒猫と付き合う甘々な日々を堪能するといいと思います。

後半は予想通り、というかこうならざるを得なかった展開ですね。
今までのイベントがここへの布石だったのでは、ってくらいにまとめられてますね。
そして物語もついに進展しました。桐乃頑張ったっ!

まぁこの巻であやせ、沙織ルートは完全に消滅ですね。地味子も微妙なところ……。
この展開はもう桐乃or黒猫ですね。

さて……作者さんはリアル妹ルートを描くか、それとも無難なお話を描くか、それともハーレムルートを描くか……期待ですねっw

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)
(2011/05/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【2011/05/18 17:37】 | ラノベ感想
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。